オススメスポット ドラゴンシャークダイビングのオススメスポット

恩納村

恩納村の景色

面積は50.82平方キロメートルで、南北に27.4km、東西に4.2kmと細長い形をしており、うるま市石川地区(旧石川市)と隣接する部分は沖縄本島の東西にもっとも狭い地域にあたります。
西側は東シナ海に面し、東側は恩納岳を中心に、北から漢那岳、熱田岳、ブート岳、屋嘉岳、石川岳、読谷岳などの山々に囲まれ、
さらにこれらの山々を源とする小さな川が40近くあり、山や川、海などの変化に富んだ自然豊かな村です。

サンゴ礁の広がる美しい海岸線が観光資源

戦前、戦後を通じて半農半漁の静かな村として時を刻んできた恩納村に、大きな転機が訪れたのは、本土復帰後開催された国際海洋博覧会以降。
サンゴ礁の広がる美しい海岸線が観光資源として注目され、大型のリゾートホテルが競って並び建つようになったのです。

恩納村の景色

これから益々発展する恩納村

多くの村民が生業としてきた農業・漁業も、時代の流れに伴い大きな様変わりをみせています。農業ではこれまでのサトウキビ栽培に加えて、ランやキクなどの花卉、熱帯果樹、野菜類など多様な作物が栽培されています。
漁業も「獲る漁業」だけに頼らず、モズクやウミブドウなどの養殖漁業が年々成果を上げています。

サトウキビ畑

青の洞窟

青の洞窟のダイビング中の写真

沖縄の青の洞窟とは、恩納村真栄田岬にある洞窟のことで、那覇空港から車で約1時間の場所にあります。

奥行きは約30メートル。地元では「クマヤーガマ」と呼ばれ、かつては台風の時などに漁師が船の避難場所として利用していた。
「青の洞窟」と呼ばれている理由は、洞窟の入り口から太陽光が差し込み、透明度の高い海水を通過して海底で反射した光が暗い洞窟内の海水面から抜け、それが海底からライトアップされたような効果となり、入り口付近の海水を青い光で満たす仕組みになっているため、洞窟全体が青く染まることに由来する。朝・昼・夕で洞窟内の青色にも変化が見られる。

洞窟は崖の下にあり、単独での遊泳には危険も伴うため、地形を熟知した地元の人間や近隣のダイビングショップなどに案内を依頼するのが無難である。
水中洞窟でありドーム天井になっているため、水面をシュノーケリングしながら中に入ることもできる。洞窟は東シナ海へ繋がっており、クマノミなど、南海の生物を観察できる。

今、沖縄で一番人気のあるスポット

真栄田岬の崖を整備された階段で降りていくと海中に続く洞窟が出現します。 洞窟内には自然が作りだした神秘的な光景がひろがり、 手軽にツアーに参加できることから、今、沖縄で一番 人気のあるスポットとなっています。

太陽と地形が生み出す神秘の光景

青の洞窟が青く光るのは、太陽の光が洞窟に差し込み、その光が海底に反射して水面を青く光らせているからです。
青の洞窟内の海底は、石灰質を含んだ砂地(白い砂地)となっているため、太陽の光をよりきれいに反射させる重要な要因の1つとなっています。
地形や砂、太陽の光など様々な自然の偶然が重なり合って生み出された光景は、言葉では表せないほど幻想的で神秘的です。

また洞窟内には、様々な生物も生息していて、キンメモドキやリュウキュウハタンポの群れなどに遭遇できることもあります。

あの洞窟の幻想的な写真

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせページはこちら
沖縄の景色
予約・お問い合わせはこちら